【楽曲委嘱企画第9弾!】神長先生の委嘱作品を初演する団体が決定しました

TEXT!

2017.06.29

Pocket
LINEで送る

皆さんこんにちは。

以前、楽曲委嘱企画についてご報告しましたが、詳細が決まってまいりましたので追報です!

 

 

演奏団体、演奏会決定!

作曲を担当してくださるのは、作曲家の神長一康先生。

お忙しい中、ビルドネットでも様々なご協力を頂くなど、吹奏楽シーンへ献身的に参加されている神長先生。

今回はいったいどんな曲を作曲していただけるのでしょうか?今から本当に楽しみです!

 

さて、そんな神長先生の新曲を演奏して頂けるモデル校は、「名古屋経済大学市邨高等学校 吹奏楽部」に決定いたしました!

初演は 2017年8月22日(火)に開催される名古屋経済大学市邨高等学校 吹奏楽部フレッシュコンサート

 

 

演奏会の詳細も、決まり次第お知らせしていきます。

神長先生の新曲も初演される市邨高校 吹奏楽部フレッシュコンサートへ、ぜひお越しください!

 

作曲家 神長一康 先生 プロフィール

kaminaga1972年東京生まれ。茨城県立取手松陽高校普通科卒業。 武蔵野音楽大学音楽学部作曲科卒業。同大学大学院修了。作曲を飯島英嗣氏に師事。大学在学中より室内楽を中心に作品を残す。1999年及び2001年「神長一康室内楽個展演奏会」を開催し、好評を博す。 同年CD「Brise Douce 神長一康室内楽作品集」(JILA-1432)がリリース。これまで吹奏楽作品も多数CD収録され、代表作に、吹奏楽のための狂詩曲「海よ」、「勇者オリオンの三つの星」、「喜びの朝に」、「勝利の女神」などがある。現在、室内楽及び、吹奏楽の委嘱作品を手掛け、その他、編曲、客演指揮、コンクール審査員等の活動を展開する。

 

Pocket
LINEで送る

Top