日進西中学校(短時間で効果のある合奏指導 2/2)【これからの中学校吹奏楽指導】

MOVIE!

2018.05.15

Pocket
LINEで送る

愛知吹奏楽連盟指導者用ビデオ 【これからの吹奏楽指導 ~短時間での吹奏楽指導をめざして~】 6本構成となり、その他の動画は以下で閲覧可能です。

◇ 日進市立日進西中学校 清野先生 「短時間で効果のある合奏指導」

前半 → https://youtu.be/gNjP2uiO-Kw

後半 → https://youtu.be/5T2FEqp07uU

◇ 名古屋市立植田中学校 玉谷先生 「効率の良い基礎合奏のあり方」

前半 → https://youtu.be/MltrlNjbwdY

後半 → https://youtu.be/6K7uOfk_jRM

◇ 岡崎市立美川中学校 太田先生 「個人・パート練習中心の吹奏楽指導」

前半 → https://youtu.be/bHKA_ik68hc

後半 → https://youtu.be/w_r-idhjRjU

全国を目指す愛知県の吹奏楽指導者たちの、効率の良い指導方法をご紹介しています。

各先生にご協力いただき、指導者向けに練習方法の紹介させていただきました。

練習内容

後半では難しい箇所の練習法とインタビューを見ていきます。

4.手拍子で演奏

複雑なリズムのトレーニングは、手拍子と息で行います。手拍子を使うのは、目で見て分かるから。

1年生だけで行うなどして集中力を高めます。
また、難しい箇所は歌・息・手拍子を何度も繰り返します。
そうして、練習したところの通し合奏を行います。

インタビュー

Q. 合奏では何を心がけていますか?

まず前提としてあるのが、中学生は普通にしているとサボってしまうということ。
なので、いかに緊張感、集中力を持続させるか、常に目的意識を持たせられるか。
そういった事を投げかけられるように気をつけています。
例えば、全員で練習すると音がわからなくなるので、1年生だけ、とか。
あと、息が消極的になりがちなので、もっと吸っていいと常に言っています。
あとは生徒が素直に聞くかどうか。その結果が結局自分に返ってくるんだと、いつも話しています。
実は今回のように、全員が集まって合奏するというのはあまりないです。
Bから練習するならBの関係者だけ集めて、あとの子は外で練習をするという風に、無駄のない練習をしています。

Q. 子供たちをどのように育てていますか?

やっぱり楽器を好きになってほしい、音楽を好きになってほしいですので、
練習に来て、できた、前よりうまくなった、という充実感を1回は感じて帰ってもらうというのがあります。
そういった経験を積んで、早く次の練習がしたい、早く部活行きたい、もっと練習をして上手になりたい、上手になるのが楽しい、と思わせたらしめたものだな、と。
だいたいの子供たちは、上手になるという経験を日々積まずに、なんとなく部活に来て帰っていっちゃう。
そうじゃなくて、来た瞬間に、もっと上手になるというような意識を持たせるように。
そうしたら、いつまでもどこまでも、私が想像している以上に育っていきます。

Q. 限られた時間で、どのように練習を組み立てていますか?

中学校教師は忙しいんですけれども、部活の時間はなるべく顔を出すようにしています。
今日はこれをやれるように、と、今日やれることの目標を持たせてやっていく。
例えば、曲のここまではちゃんとできるように、とかを必ず伝えるようにしています。
また、基礎合奏も子供を中心にいつもやっていますので、私がいなくても、壇上に立つ人間が気になったことを必ず指摘できるように、耳の判断ができる子供を育てています。
あとは各パートで練習がしっかり確立されていること。
上手になりたいと思っている子たちはサボらないので、ずっと口に楽器を咥えています。

Q. 若い吹奏楽指導者へアドバイスをお願いします

私も吹奏楽をまったく知らなかった人間で、楽器の奏法なども教員になってからすべて学んだので、あらゆるチャンスがそこらへんにありますので、学びたいと思ったら自分から出かけることが大事です。
ある程度、曲に対する理解度、イメージを持って、指揮壇にのぼれるようにしたいなと思っています。
なので、イメージを持てるように先に勉強しておくのもひとつの手かなと。
楽譜が読めない先生もいらっしゃると思いますが、YouTubeに転がっているような演奏ではなく、なるべくいい演奏を聴いて耳でイメージを持って壇上に立つと、子供たちも迷わずに、先生の一言でどんどん上手になっていくのかなと思っています。
あとは、情熱を持ってやれば子供たちはついてくると思います。
ただ、自分も音楽をやって楽しい、子供たちも音楽をやって楽しいという感覚は持ち続けたいと思います。
部活が楽しくなると、子供たちとの関係もよくなってくるという風に感じています。
頑張ってください。

日進市立日進西中学校吹奏楽部

日進西中学校は、2015年度に全日本吹奏楽コンクールになんと初出場で金賞を獲得した注目校です。その前年まで、日進中学校を全国大会に5回(うち金賞3回)導いた清野先生が赴任して、わずか1年目での快挙でした。

その後3年連続で全国大会に出場し、2017年度も全国大会金賞を受賞しています。

 

Pocket
LINEで送る

Top