美川中学校(個人・パート練習中心の吹奏楽指導 2/2)【これからの中学校吹奏楽指導】

MOVIE!

2018.05.15

Pocket
LINEで送る

愛知吹奏楽連盟指導者用ビデオ 【これからの吹奏楽指導 ~短時間での吹奏楽指導をめざして~】 6本構成となり、その他の動画は以下で閲覧可能です。

◇ 岡崎市立美川中学校 太田先生 「個人・パート練習中心の吹奏楽指導」

前半 → https://youtu.be/bHKA_ik68hc

後半 → https://youtu.be/w_r-idhjRjU

◇ 名古屋市立植田中学校 玉谷先生 「効率の良い基礎合奏のあり方」

前半 → https://youtu.be/MltrlNjbwdY

後半 → https://youtu.be/6K7uOfk_jRM

◇ 日進市立日進西中学校 清野先生 「短時間で効果のある合奏指導」

前半 → https://youtu.be/gNjP2uiO-Kw

後半 → https://youtu.be/5T2FEqp07uU

 

全国を目指す愛知県の吹奏楽指導者たちの、効率の良い指導方法をご紹介しています。

各先生にご協力いただき、指導者向けに練習方法の紹介させていただきました。

動画の内容

後半は前半の続き、まだ見ていないパートの練習から始まります。

トロンボーンパート

音の揃っていない箇所、また見せ場を決めるように気を付けます。気を付けるべき点をパートリーダーがきちんと指示して練習をします。

ユーフォニアムパート

リズムを手拍子で練習したあと、楽器で練習します。気になるポイントは繰り返し練習します。

チューバパート

まずは手拍子でリズムを取ります。次に音程の確認をします。チューナーを2つ使い、音を出すチューナーと、音を確認するチューナーで音程を合わせていきます。

コントラバスパート

音出しをしたあとは、チューナーを見て、テンポを落として練習します。そのあと、テンポを戻して練習します。

パーカッションパート

上級生から下級生に指導をします。リズムの取り方や、止まらずに演奏できるように指導をし、最後に合わせて演奏します。

続いて、パートリーダー会議

できてないところを報告し合って、パート練習の時間を増やすか、合奏の時間を取るかという、時間の使い方のすり合わせを行います。

その後、部長がパートリーダー会議の内容と、時間の使い方を顧問の先生に報告し、いつごろから合奏を先生にお願いしたいかを伝えます。合奏の指揮は先生がとります。

インタビュー

Q. 合奏では何を心がけていますか?

美川中学校は学校の規模もそんなに大きくないということもあって、部員の人数があまり多くないです。
なので、1人1人がしっかり吹けて、合奏の中で存在感が出るように、ということを目指しています。
そのうえでの合奏練習になるので、デュナミクやニュアンスを、きちんと全員が表現しているかというのを確認しながら、合奏練習をするように心がけています。

Q. 子供たちをどのように育てていますか?

先ほどの話にも絡んでくるんですけど、1人1人がきちんと活動できる、演奏できるというのが一番大事だと思ってやっているので、
やらされているのではなくて、自発的に演奏ができるとか、活動できるということにこだわっています。
そのために、パート練習や個人練習の時間を多めに割いて、自分で「こういう練習ができるんじゃないのかな?」とか、「ここに気をつけなきゃダメなんじゃないのかな?」とか、言われてやるのではなくて、今の自分たちの状況を自分たちで把握して、判断して、考えて行動に移せるように、ということを目指しています。

Q. 限られた時間で、どのように練習を組み立てていますか?

パート練習がいかに充実するかっていうのが、限られた時間の中で練習するには大事なんだと思います。
自分たちにできることが、パート練習で消化されて合奏に参加すれば、合奏の中でやれることも増えるし、かける時間も少なくて済むのではないかなと思ってやっています。

Q. 若い吹奏楽指導者へアドバイスをお願いします

中学校での指導を始めたときに、うまくいかないことは多くありました。
幸い、近くに力のある高校があったり、力のある先生がいらっしゃったので、練習の見学に行ったり、相談に行ったりしました。
それは現在でも続けています。
1人で抱え込まずに、問題意識を共有できる人たちがきっと周りにたくさんいると思いますので、そういう人たちと一緒に高めあっていければいいんじゃないかなと思います。

 

岡崎市立美川中学校吹奏楽部

岡崎市立美川中学校は、2012年度の中部日本吹奏楽コンクール本大会大編成の部優勝をはじめとして、2016年度の東海大会金賞、2017年度の東海大会銀賞を受賞するなど、東海区屈指の強豪校です。
2017年度は、中部日本吹奏楽コンクール本大会大編成の部で金賞、そして文部科学大臣奨励賞を獲得し、また3度目となる日本管楽合奏コンクール全国大会大編成の部優秀賞のほか、2大会で賞を受賞しています。

Pocket
LINEで送る

Top